忍者ブログ
みんなのことが大好きですよ。
[93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

さあ2日目!

ということで、はりきって朝早くから出発したのですが。

使えると思っていた練習棟は使えず、

せっかく早く来たのに、時間を持て余すことになってしまいました…。

 

そしてこの日は、クラス分けのテストの発表ということで。

私のクラスは…ちょうど中間という感じなところでした…。

 

聴音の私のクラスの先生は…

なんと、あの「楽典」の本で知られる 石桁真礼生氏の息子さん!

(このことは、後日のん先生とお話したときに判明しました笑)

苗字が一緒だから、もしかして親族?とか思ってたのですが…

まさかご子息だったとは…

 

石桁先生はかーなーりお優しい先生でしたね。

「これぐらい出来なくちゃだめなんだ!」というより、

「弱点をより補っていきましょう」っていう感じで。

みな先生は「甘い!」と仰っていました(笑)。まあ、確かに…。

 

優しいのはいいけど、音大受験という話になると

甘いのはどうかな~~…とも思います。

でも授業自体は、とっても面白くて、お茶目な先生でいらっしゃいました。

 


 

楽典の授業では。

やっていた内容は、どれも基礎的なものだったのですが。

先生の仰っていたことは、まあやっぱり厳しい感じで。

 

「こんなこと言うのってバカらしいとは思うんだけど、

 これぐらい出来なくちゃ本当に、大学入ったあとに困るんだからね?」

女性の先生で。まあ、言ってることはその通りですよね。

どうやら音大では、入学している時点で

基礎的な知識と能力はあるものとみなして、授業を進めていくようなので。

今のうちにしっかりやっとかないと!

 

授業のとき、お隣になった子とお友達になれました♪

どうやらその子は3年生みたい…。

夏期講習が終わった次の日から、AO入試は始まるという話になって

ちょっとビビりました(笑)

私は来年、そういう状況になるんだ…

 

 


 

授業が終わって、お昼ご飯を食べたあとは

校舎「シティ」で、先生方と在学生による特別講座がありました♪

講座といっても、実際に指導を受けられるわけじゃなく、

プロの演奏を聞くミニコンサートって感じでした。

 

初日目から思ってたんだけど、やっぱり弦楽器って少ない…ORZ

だからお仲間がいなくて寂しかったんだけど、

偶々、客席で座っていたらヴァイオリンケースを背負った子が近づいてきて

「隣、いい?」って声をかけてきてくれました!!!

(他に、もう席が空いてなかったからだと思うけど笑)

いや、逆に席が空いてなくてよかったー。その子と隣になれてよかったー。

 

講座が始まるでは、ヴァイオリンの話で盛り上がりました♪

教えていただいている先生のこととか、

今やってる曲とかエチュードの進み具合とか…。

 

やっぱりみんな、私よりすごいの弾いてました☆

その子、曲はメンコン。エチュードはローデらしく…。

しかもその子の先生は芸大の先生らしく…。

(なんでそんな子が洗足にいるんだーーーー!?)

とか思ったんですけど。

 

彼女の話を聞いていると、どうやら色々と問題があるらしく。

 

私は本当に幸運に、のん先生に出会えて。

悩み事とか、人生相談とか(笑)、レッスン方針とか。

色んなことを話せる仲だけど。

 

のん先生から話を色々と聞かされている私にとって、

その子の先生について、疑問や不思議に思うことが色々とあって。

とりあえず、私が知ってる音大情報とかは提供して。

なんだかんだ、音大ってのは決して単純な世界でもないし。

色んな事情があるんだということ、その子に教えてあげました。

 

それから、特別講座の始まり始まり♪

 

講師は、小林すぎ野先生によるバイオリン演奏。

在学生による、フォーレの弦楽四重奏。

(そしてその在学生の中に、チェロのなみ先生いらっしゃったんですよ!!)

あと名前を忘れちゃったんですが(ひどい)、

超すごいキャリアを持つ先生のピアノ演奏。

 

ヴィタリのシャコンヌ、メンデルスゾーンの歌の翼に、素晴らしかったですよ!

特にシャコンヌは泣けました。

あと、バッハ、シューマンも聴きました。

 

演奏が終わったあと、なみ先生とお話出来ました!

じつは先日にメールで、「夏期講習行くので、お会いできたらよろくしです♪」

とお知せしてました。

先生も、「夏期講習来るって言うから、すっごく探したんだよ!」って言ってくださって。

 

しかも、なみ先生。

この日の翌日から、長野の音楽祭に参加すべく、洗足を出発するそうで…。

す、すごい…。この時の演奏した4年生のなかで、1人だけ3年生でしたもんね…。

かっこいい!いーなー音楽祭。私も行きたかった(笑)。

 


 

そして2日目最後の、山。

実際の、音大教授による、レッスン。

かなり緊張しました。えぇ、手が震えましたとも。

直前まで楽譜読んでたんですけど、

なんかレッスン始まった途端ふっとんじゃって(笑)

 

しかも、なんていうか。

のん先生のご紹介で、教えていただいた先生。

とても素敵な先生で。

それに(講習生だから、こんなに優しいんだろうな)って思うぐらい優しかった。

自分が予想していたのより、はるかに優しかったんです。

 

もっとこう、ビシビシ言われるのか思っていたら。

(もちろん、甘くはないんです。厳しいんですけど)

たった、一言。笑顔で。

「あなたはまだだけれど、私たちはプロだから。

 そういう世界じゃ誤魔化せないのよ」

っていう言葉が。

ザクっ  というより ジワジワ~~ って染み込んできて。

 

まぁ、いかに自分が、甘えている演奏していたか。

その一言で(あぁ、全部見透かされてるんだ)って悟りました(笑)。

 

全部見透かされてるなら、もういいや☆

と思って、そこからは開き直りました。でも逆に良かったと思います。

先生も私に合わせて、レッスンをして下さいました。すみません…先生…。

 

先生、かっこよかったですよーーーー!!!

なんかもう、バイオリン持っただけで格好良かった。

ヴァイオリンがもう体の一部になってるって感じ。

弾いても格好良いし。

惚れました(笑)

先生、素敵すぎです。

 

え?のん先生には惚れてないのか、ですって?

いやいや、先生には惚れる惚れない以前に。

もう運命の出会いなんですよ。出会うことは必然だったんです。

惚れようが惚れまいが。

私がバイオリンをやっている以上、きっとどこか出会う運命だったんですよ。

 

カールフレッシュのD mollのスケールとアルペジオ。

クロイツェルのNo.16

そしてヴュータンの第4番 D moll。

 

つくづく自分の弾けなさに気付いたけど、それ以上に感じたものも多かったです。

そんな2日目でした♪

 

 

 

 

 

 

 

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
幸子
性別:
女性
職業:
生徒
趣味:
いろいろ
自己紹介:
 
 最近、朝がちゃんと起きられない。眠い。
 プロを目指して奮闘中。
 
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
忍者ブログ [PR]