忍者ブログ
みんなのことが大好きですよ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっと思ったことがあるので、ちょこっとだけ…

 

順番の話を引きずる訳じゃないですけど。

今年って結構レベルが高い気がするんですよね。

超絶とまではいかないまでも、技巧的な曲をよく作曲するサラサーテが2人。

 

ドヴォルザークのソナチネバッハのコンチェルト

それからザイツのコンチェルトとか

ベイリーのロングロングアゴー変奏曲ってなかなか有名だし。

 

しかもブラームスのハンバリー舞曲

モンティのチャールダーシュは有名も良いところじゃないですか!(笑)

私の大好きな曲たちが大集合ですよ!

聴衆のみんなの耳もシビアになっちゃうかも?

 

おたまじゃくしの多さには、頭がくらくらしちゃうような

ブルッフのコンチェルト

ラロのスペインシンフォニー

そしてメンコン!(メンデルスゾーンのコンチェルト

 

バッハの無伴奏は、相当弾きこなさなくちゃ美しく聞こえないし。

クライスラー編の踊る人形も、けっこう技巧的だし。

 

今年は全部が全部、見所満載ですよ!

 

ウェルナーの野ばら、おぼろ月夜、エルガーの愛の挨拶

ブラームスのワルツやヘンデルのソナタ、フィオッコのアレグロなどなど。

音楽好きな人たちのバイブルみたいな曲ばっかり(笑)

 

だらだらとすみませんでしたー

なんかプログラムとにらめっこした感想を、書きたくなっちゃいました。

 

さーてと、私の演奏を聞いてくれる人たちに、満足していただけるよーに!

私の夢に一歩でも半歩でも近づけるように!

 

早速練習練習!

 

 

 

PR

今日もレッスンでしたー!

ここのところ、毎日若葉台に通いつめています

でもぐーたらぐーたら家の中にいるより、

空の下歩けるから「ま、いっか」。

 

若葉台に着いたら、大好きなのんちゃん先生と

自分のレッスンより前の生徒さんのレッスンが見られる

でも今日は朝一だったので、私が一番最初だったーっ

 

今日の朝の一言、のんちゃん先生の門下生なら誰でもご存知。

「あの」大繁殖中のペンギンたちについて。

 

「このペンギンたち、買いすぎじゃないですか?」

 

その一言に、先生、口を押さえ、怒ってプイっと顔を背けちゃった。

 

「いーえ!まだまだ足りないわ!」(`ε´)

「まだ買う気なんですか!?」(;´Д`A ```

 

なーんて(笑)

朝から大爆笑ですよ、先生のおかげで。

 

さてさてレッスンのほうは、序奏(序曲)とタランテラ。

まず序奏の部分を、再確認。

 

この音はどういうイメージなのか。イメージはどれだけ具体的なのか。

あと、何よりヴィブラート。ヴィブラート。

ヴィブラートしなさすぎて、先生泣いちゃった+゜(゜´Д`゜)゜+

毎週泣かしてるから、ま、慣れたけど。笑(コラ)

 

タランテラの部分は、もっと丁寧に音程の再確認を。

最初のころは出来てたものが、最近になってサボるようになってたので

慣れるとついつい、雑になっちゃうんですよね~。

あれ?私だけ?

 

そしてまた最後の帰り際、玄関でディスプレイを見ながら。

「もう忙しすぎて、時間ないわ~」と、嘆いていた先生。

 

「そーいえば先生、鳥類大好きだけど、ペンギン好きなんですか?」

「ええ、大好きよ

「へぇー」

「先生のお父さんはペンギン見る為に、南極まで行ったのよ」

 

ここで親子そろって鳥類好きが判明。

 

「えー!?南極!?いーなーいーなー」

「だけどねえ、鷲とかダメなのよ」

 

ここであえなくツボって笑っちゃった。

もうちょっと、鷹とかが例として出てくると思ってたんだけど。

なんだか自分でもわかんないけど笑っちゃった。

いきなり、鷲ですか?(笑)

 

「肉食がダメなんですね」

「そーそー」

「確かに、先生の雰囲気って感じじゃないよね」

「先生は草食がすきよ」

 

先生も肉食というよりは草食だよね。

まー私も、どちらかというと草食なほうかも。

だってライオンみたいに獰猛にはなれないしなあ…

 

「じゃ、さよならー」

「はーい、さよならー」

実はわたくし、ここ最近お昼の12時前後に起きます

なんで!?

時計はセットしてんのに、何で12時!?

午前中に起きていれば、スムーズに事は進むのに…

 

ということで明日からまたお仕事のみなさま。

夏休みだろうとぐーたらしてられないっ!ので私も明日から早起きします!

 

そして今日は合奏合わせでした

みんなで「TSUNAMI」、かなり楽しかった

先生の音色は私の心のオアシス

しょーじき言って、今のところ先生は私のヴァイオリンのカミサマです。

 

ヘンリク・シェリングだろうと。古澤巌だろうと。

それこそ奥村愛だろうと()。五嶋みどりだろうと。

 

それ以上に私は、先生のヴァイオリンも人柄もだーいすきです。

 

………にしても、あれですね。

TSUNAMIは上級者のかたまりなんで、置いていかれないようにしなくちゃ

やっぱり合奏は最っっっっ高に楽しいですね

 

ゆきちゃんや、しおや、しょうさんとか、マダム♭さんや、しましま君も来ていらして。

久しぶりの再会だったので、皆で話しちゃった

たらむさんは、ちょくちょく会うので、まったく変わっていませんね(笑)

ついでに、合奏の先生とのデュエットするSOLOの部分はパー子さんが。

パー子さんのラロ、スペイン交響曲かなり楽しみにしてます(*≧v≦)

 

帰りはマダム♭さんとしましま君夫妻に、しおと一緒に

車で送っていただきました!

本当にありがとうございました

2008062218370000.jpgついに買ってしまった!!

映画化もされたピアノの漫画

「ピアノの森」!!!

なんだかあれですね。

「あんまり真面目じゃない。むしろガサツ」

「なのに超ピアノ天才」

っていう点がのだめと似ていますね。

これからの展開が楽しみ



14巻ではショパンコンクールに出てるらしいので、

早く読みたいです!

あ~~~~~お金さえあれば…!



そしてYoutubeで、映画「ピアノの森」見ました!

あんまり詳しいほど、ピアノ曲が出てきませんでしたね。

っていうかモーツァルトだけ?

まあちらっとだけ、ショパン、ベートヴェン、メンデルスゾーン。

そしてハノンの音階が出てきましたが…



面白かったのがモーツァルトの亡霊(?)

亡霊が見えるまで音楽に没頭できるのは、ひとつの幸せだと思います。



そして何よりも何よりも驚いたのが…

「ピアノ演奏 ミュージックアドバイザー

 ウラディーミル・アシュケナジー」



ウラディーミル・アシュケナジー



アシュケナジー…?



アシュケナジー



世界の巨匠が演奏してたーーーー!!!



これはスキャンダルでしょ。

予想外ってやつ。

いや、まさかあの御方がこの映画に関わってるなんて…


アシュケナジーはフジ子・ヘミングに並ぶ

私の中でピアノの天使です。

この2人は大好きです。本当に尊敬

しかもチェコフィルまで演奏しているらしいし☆



絵も綺麗だし、演奏はなにより

世界的な人たちなんで心配するとこじゃないし、

ただ唯一…ちょっと残念だったのが…

声優さんの演技…ちょっと下手だったかな…

なんで!?なんで竹内順子さんとか、田中真弓さんという

すごく上手いひとが脇役なの!?

主人公のセリフ全部棒読み…そんな切ない…


以上、ピアノの森感想でした!

私もたらむさんを見習って!

今回から詳しいレッスン記録を!

 

三時半からレッスンでした

今日から一週間ずっと雨らしく、

今日もじっとぉ~~~~っとしてて、すごく暑いし気持ち悪いし。

ヴァイオリンも、少し機嫌が悪いらしく良い音が出ません

 

そしてちょっと頑張って練習してきた

ベートヴェンのピアノソナタ 悲愴 アダージョカンタービレ

を聴いてもらったのですが…

ちょっと弾き方が悪かったらしく、あっさり終了(笑)

先生曰く、

「ピアノとは相性悪いのよね~」

つまり、ずっと椅子に座って大人しくしているのがダメみたい。

正直それは私も解る!

 

まずはカールフレッシュのスケールとアルペジオ。

指がなかなか思うように動けません(-.-;)

手が小さいのがちょっと悲しい…

私ものだめみたいにおっきな手が欲しーい!

注意されたこと

・指板を音が出るくらいに抑える

・1つ1つはっきりと発音させる

・手をしっかり開いて、おさえる

・弓の動きを、他の音が出ないように眼で確認する

 

クロイツェルのエチュードはなんとかがもらえました!

このペースで進めば、なんとか今年中にはクロイツェル終わるかなー…?

終わるといーなー…

終わんないと間に合わないなー…

注意されたこと

・ただ単に音を弾かない。イメージを持って気持ちを込めて

・ちょっとのことで動揺しない(隣で先生が歌いだしたとしても笑)

この経験は、先生の生徒さんなら誰でもあるんじゃないかな?

 

先生とエチュード5番について話し合ったら

最初はスケールのように、音が一つ一つ上って降りてを繰り返してたのが

途中から段差のように、音が上りきると一気に下がってまた下のおとから上っていく。

つまり段々と降りていかない。

だけどまた最後らへんになると、階段になって

のぼっては降りてを繰り返して終わる。

 

それは人が群集を掻き分けて、我先にと誰よりもその先に向かって。

「夢の国」を求めて「上」へ上っていく。

だけどいざ「その先」に行き着くと、思ったよりもいいものじゃなかった。

そして皆、諦めて「下」へと下っていく。

それは戦後の北朝鮮のようだと。

みんな北朝鮮を夢の国だと信じ込んで、移住していった。

だけど違った。

そこは独裁者が支配する、あまりにも残酷な場所だった。

 

ちょっと興味深い話が聞けて、楽しかったです。

 

そして一番重要な発表会の曲は

自分の考えてきたイメージを

話しあうことができて楽しかったです。

主に動物で考えて見ましたが、動物ではあまりしっくり来なかったですけど

「じゃあ人間は?」って聞かれたら、ピンときて

イメージはディズニーランドで決まりました

 

もうちょっと譜読みをして慣れていかないと

間に合わないですね

さあーーーー大変だーーーー

 

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
幸子
性別:
女性
職業:
生徒
趣味:
いろいろ
自己紹介:
 
 最近、朝がちゃんと起きられない。眠い。
 プロを目指して奮闘中。
 
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
忍者ブログ [PR]